feature 特集

Anti Szabo’s Law 新たなブロックチェーンガバナンスの形を作るために。

Anti Szabo’s Law 新たなブロックチェーンガバナンスの形を作るために。

はじめに イーサリアムのコア開発者であり、今後イーサリアムに導入される可能性のあるPoSベースのコンセンサスアルゴリズムCasper CBCの設計者でもあるV

アクセス権・ライセンスとしてのNon-Fungible Tokenの応用

アクセス権・ライセンスとしてのNon-Fungible Tokenの応用

前回は現実資産のトークン化の可能性について考察しましたが、その中でnon-fungible token (NFT) の応用領域は、性質上「身分証明」と「所有権」

現実資産のトークン化の可能性と課題

現実資産のトークン化の可能性と課題

先日「Non-Fungible Tokenのビジネスユースケースを考察する」と題し、NFTを価値づける性質やその応用領域について概観しました。 https

Non-Fungible Tokenのビジネスユースケースを考察する #1 Intoroduction

Non-Fungible Tokenのビジネスユースケースを考察する #1 Intoroduction

2019年のブロックチェーン実用化に向けて、STOなどまさに注目を浴びていますが、それと同様に改めてその価値を確認すべき領域があります。ノンファンジブルトークン

ステーブルコインの可能性 – そもそもなぜステーブルコインが重要なのか

ステーブルコインの可能性 – そもそもなぜステーブルコインが重要なのか

現在、仮想通貨の広い普及には以下の4点が必要だとされています。 価格安定性 スケーラビリティ プライバシー 非中央集権性

イーサリアムのハードフォーク「コンスタンティノープル」の技術的変更点のまとめ

イーサリアムのハードフォーク「コンスタンティノープル」の技術的変更点のまとめ

イーサリアムのハードフォーク「コンスタンティノープル」が2019年1月16日前後に控えています。本記事では今回のハードフォークで具体的にどのような点が変更される

ハードフォークとソフトフォークの違いとチェーンの分裂が発生する条件を考察する

ハードフォークとソフトフォークの違いとチェーンの分裂が発生する条件を考察する

2019年の1月16日にイーサリアムのコンスタンティノープルというバージョンへのアップデートのハードフォークが予定されています。そこで今回はハードフォークが行わ

分散型保険市場の構築へ挑戦するETHERISCのトークン設計とは -ETHERISC後編

分散型保険市場の構築へ挑戦するETHERISCのトークン設計とは -ETHERISC後編

前回の記事にて、ブロックチェーンを用いた新たな保険ビジネスに取り組むETHERISCについてを取り上げました。 [embed]https://econom

データで振り返る2018年におけるdAppsのマスアダプション

データで振り返る2018年におけるdAppsのマスアダプション

2018年の振り返り 2018年は一般的には仮想通貨の投機や価格の暴落が大きく印象に残る1年だったかもしれませんが、同時にブロックチェーンの技術やプロダクトに

ETHERISCの取り組みとそのポテンシャル -ETHERISC前編

ETHERISCの取り組みとそのポテンシャル -ETHERISC前編

以前にもeconomies2.0では、保険×ブロックチェーンの可能性についてを連載を通じて紹介しました。 [embed]https://economies

ブロックチェーンにおけるガバナンスを考察する – 概要

ブロックチェーンにおけるガバナンスを考察する – 概要

ブロックチェーン領域において「ガバナンス」という言葉がしばしば登場しますが、これはブロックチェーンを考える上で重要なテーマのうちの一つです。 本記事では重要な

ブロックチェーンが促進する新たな4つの保険ビジネス【保険×ブロックチェーン #3】

ブロックチェーンが促進する新たな4つの保険ビジネス【保険×ブロックチェーン #3】

これまで、連載「保険×ブロックチェーン 」にて、第1回の記事でそもそもの保険制度の確認と期待されるブロックチェーン活用の概要紹介を行い、第2回の記事では実際に始

ビジネス領域におけるブロックチェーンユースケース記事まとめ

ビジネス領域におけるブロックチェーンユースケース記事まとめ

はじめに Economies2.0ではこれまで、様々な業界におけるブロックチェーンのユースケースを紹介し、考察してきました。ブロックチェーンは決して全ての業界

連載【これからイーサリアムを学ぶ人のための教科書】のまとめ

連載【これからイーサリアムを学ぶ人のための教科書】のまとめ

はじめに Economies2.0では【これからイーサリアムを学ぶ人のための教科書】と題した連載で、イーサリアムのプロトコルの本質的な部分に関する解説をしてい

ステートチャネルとサイドチェーンの違いとその応用を考察する

ステートチャネルとサイドチェーンの違いとその応用を考察する

現状のブロックチェーンは以下の3つの課題を抱えています。 スケーラビリティ (拡張性) インターオペラビリティ (相互運用性) リクイディ

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る