イーサリアム・トークンをETHなしで転送する —ERC20の進歩を真剣に考える

イーサリアム・トークンをETHなしで転送する —ERC20の進歩を真剣に考える

Kouta Takeuchi
Kouta Takeuchi
2018/09/06

近年、イーサリアムトークンを用いたサービスが続々と増えていますが、そういったサービスにおいては、ネイティヴコインであるETHを持っていなければ利用できないことが、しばしばユーザーにとっての障壁となっています。この記事では、ETHなしでイーサリアムトークンを転送するためのテクノロジーをご紹介します。

イーサリアムベースのサービスの問題点

今やイーサリアムができて四年がたちました。”Unstoppable Application”を作るためのプラットフォームは、アイデアや思想、抽象概念などにイーサリアムトークンをあてがうトークン製造工場となりました。

贖罪をサービスとしているJesus CoinやSpankChainなど、日々トークン化の波に乗る人々は増えています。
しかし、トークン化において重要なことを見落としてしまっている人が多いのが現状です。
それはアダプションです。
トークンを語る文脈でのアダプションとは、現実のユーザーをプラットフォームに引き込み、自分の作成した価値の高いトークンを用いて何かをさせることを意味します。

ここを無視してしまっている人が非常に多いのです。

投資家にICOトークンを買わせることと、ICO投資家にデイリー・ユーザーとなってもらうこと、新しいユーザーを引き込むことは全くの別物です。

アダプション率が低い理由として、
・ユーザー体験がしょぼい
・交流の障壁が高い
という二点が挙げられます。

トークン・プロジェクトやDappsイーサリアムトークンをプラットフォームに組み入れなければならないから、ユーザー体験で妥協せざるを得ません。
ほとんどのユーザー、または開発者でさえ、15秒の取引認証待ち時間や、時々発生する取引失敗に対応し慣れていないからです。

トークンを使用する際のユーザー体験で最も厄介なのは、ユーザーがそのトークンのネイティヴコインを持っていなければならないことです。(ほとんどの場合ETH)

贖罪したいときはJesus CoinとETHを両方持っていなければならないし、SpankChainのプラットフォームを使いたいときもSpank TokenとETHの両方を持っていなければなりません。
トークンの提供する価値がどんなに素晴らしくても、新しいユーザーを引きつけ、保持するには敷居が高すぎてしまいます。

では、ユーザーがETHを持たなくてすむようなトークンをデザインするにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事では、考えうるソリューションとして、Ludovic Galabru氏によるERC865を取り上げます。

 

ERC865とは

簡単に説明していきます。(技術的な詳細についての記事は最後にリンクを貼ります)
ERC865はERC20モデルに更に多くの機能を追加したものであり、これによって第三者(代理人)がトークンの保持者に代わってトランザクションを実行できます。
代理人はトークン保持者からトークンで手数料をもらう代わりにETHでガス代を払います。

このようなモデルにおいて、トークン保持者は送金をするためにウォレット内にETHを持っている必要がありません。
ウォレットは、そのユーザーのトランザクションを代わりに実行してくれる代理人に転送するだけで良いのです。
このような転送を行う仕組みは以下での通りです。

例:
アリスがボブに500 ERC865トークンを送りたい場合

1. アリスが自分の送金の詳細をウォレットに書き込みます。この際に、彼女のトランザクションを実行する代理人への手数料として10 ERC865も送金金額に含めます。
2. アリスのウォレットが彼女にこのトランザクションに署名させ、この送金記録の独自の署名が発行されます。このトランザクションの詳細と署名はオフチェーンにて代理人に送られます。(APIやテレグラムなどを経由して)
3. 代表者は好きな署名を選んで実行し、署名が本物であるかどうかを認証し、署名者が十分な残高を持っているか、送金記録の詳細が正しいかチェックします。
4. チェック項目が全て正しく、トランザクションの実行も完了したら、500 ERC865がアリスからボブに送られ、10 ERC865がアリスから代表者に送られます。

この4つのポイントを踏まえて、このスタンダードを明確化するためのFAQに移って行きましょう。

 

よくある疑問

1. 誰が代理人になれるのでしょうか?

A.代理人は大きく二つの実体に分けることができます
(ⅰ)ICOを終え、ETHを多く持っているトークンのオーナーまたは作成者
(ⅱ)代理人が進んでトランザクションの署名を実行することができ、そのトークンを手数料として受け取ることができる、独立的に運営されている代理人広場

2. 何故この代表者を信頼することができるのでしょうか?

A.そもそもあなたがウォレットを作った団体を信頼するのと同じ理由です。
純粋な非中央集権を求める人たちはこの概念に異議を唱えるかもしれませんが、この領域には真に非中央集権化されたモデルが存在していないことを理解しなければなりません。

3. トランザクションは即時に処理されるのですか?
A. それは代表者によります。
代表者がウォレットの作成者またはそのパートナーである場合、即時にトランザクションの代理処理ができるようなスペックをつけることをユーザーは期待するでしょう。
一方、ウォレットが代表者広場にトランザクションを渡す場合は、代表者が進んでトランザクションを処理してくれるのを待つしかありません。

4. ERC20はこのERC865の新機能を実装できるのですか?

A. ERC20トークンがアップグレード可能なようコーディングされてれば、可能です。そうでなければできません。

5.ステップ2で述べられていたトランザクション署名とは何ですか?

A. 本質的には、署名者に独自に紐づけられた、ランダムな文字列のことです。
署名を用いれば、送金記録の詳細(送受信アドレス、送金金額や代理人手数料)を所有する人は全て、メッセージが本当に想定されている送信者から送られていることを確認できます。
ユーザー体験からの視点でいうと、このようにウォレットが設計されているため、送信者は取引署名や内側の動きを知らなくても良いのです。この取引は、見た目上はETHの通常の取引と同じように見えます。

6.代理人や他の機関が二重支払いや手数料のカサ増しなどの不正をすることは可能ですか?

A. いいえ。ERC865には、代理人が署名を重複利用したり手数料を変更したりすることを防ぐようなチェック項目がいくつも組み込まれています。送信者によって署名された送金記録の詳細のみが実行されます。
代理人によるトランザクション実行の唯一グレーな部分は、代理人がトークンな価値が不十分であるとか、手数料が低すぎるといった理由から、特定の署名の実行を避ける可能性があることです。

7.新しいトークンにこの新しい概念を適用する場合、何かデメリットはありますか?

A. 今のところありません。しかし、もしETHを取引手数料として支払うことが煩わしいと感じるのであれば、あなたはそれ以前の意思決定を見直すべきでしょう。つまり、ブロックチェーンを利用すること自体をです。人によっては、このアプローチが、トークン保持者にガス代を課し、他者に代わりに払ってもらうことはできないというイーサリアムトランザクション処理方法に絆創膏をはっているように感じるかもしれません。
しかし、さらに新しく素晴らしいブロックチェーンが開発され、この問題を解決すれば、これはイーサリアムだけの問題となってしまうかもしれません。

ERC865の勝機

1. セキュリティトークン
ブロックチェーン界隈にいるほぼ全ての人が、スマートコントラクトの次の大きなユースケースは、現在完全に規制されているセキュリティトークンとなると考えているでしょう。
もしイーサリアムがこれらのトークンの選択プラットフォームとなったら、上で述べた概念は統合とアダプションを能率化するのに大いに役にたちます。これにより、これらのトークンが暗号通貨への紐付けなしにトレーダー間で流通し交換されることとなるでしょう。

2. ステーブルコイン
上記の概念により実現されるステーブルコインは、トークン保持者と代理人両方に大きな利益をもたらすでしょう。
価格の安定したイーサリアムトークンによってETHを保持する必要がなくなれば、トークン保持者はモバイルウォレットやバンクウォレットと同じくらいシームレスに資金を流動させることができます。(取引代理人に手数料を払う必要性と少し長い取引認証時間という二つの欠点を除いて)
一方、取引代理人にとっては、トークンの価値の変動にハラハラしなくて済むようになるため、手数料を集めるインセンティブが強まります。

3. あらゆる未来のトークン
もしあなたが大量のETHを手にしたら、あなた自身がユーザーの取引代理人となれるようなトークンをデザインするべきでしょう。
あなたが手数料として集めたトークンは、ロイヤリティに対する報酬や、あなたのトークン経済圏を向上させることでユーザーに還元することができます。


技術的詳細:

Github: https://github.com/adilharis2001/ERC865Demo

Demo: http://delegation.adilharis.com:8080/


参考

https://medium.com/coinmonks/transfer-ethereum-tokens-without-ether-an-erc20-improvement-to-seriously-consider-90bebd447bb 

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る