シャーディング

シャーディングとは、トランザクションの検証作業をノード郡ごとに役割分担することで、検証作業を並列化していくことです。現状では、作成されたトランザクションがネットワーク全体で処理され、承認されるという過程を経て合意形成を行っています。この方式では、ノード数が増えネットワークが大きくなるとプロセス時間が大きくなってしまうため、トランザクションの処理速度が低下します。シャーディングを用いると、トランザクションの処理を並列化することができるため、大幅なパフォーマンスの向上が期待できます。

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る