ブロックチェーン

ブロックチェーンとは、P2P方式の通信によって繋がるネットワークの参加者たちが、共通の台帳を管理することで、様々な取引を実現する仕組みです。一定時間毎にトランザクション(取引)をネットワーク上に書き込み、一塊のデータとして承認します。トランザクションにいくつかの必要事項を追加したデータの一塊が、ブロックチェーンにおけるブロックです。ブロックの中のデータはハッシュ化と呼ばれる操作を加えられ、その結果であるハッシュ値という形で次のブロックに継承されます。すべてのブロックのハッシュ値が次のブロックへのハッシュ値へと継承されていくため、どのブロックも最終的にはジェネシスブロックと呼ばれる一番最初に生成されたブロックまでの情報を有していることになります。データの塊であるブロックがハッシュ値によってチェーンのようにつながっていくため、ブロックチェーンという名前がつけられました。 ブロックチェーン上に書き込まれたデータは特定の1つのサーバーではなく、ネットワークに参加するすべての人のデバイスに存在します。そのため、特定の誰かがデータを操作することはできません。データに関する権限がネットワークの参加者全員に平等に存在するのです。これがブロックチェーンが自立分散的な技術であると言われる所以であり、ブロックチェーンのセキュリティ、非改ざん性を担保しています。特定の管理者を必要としないブロックチェーン上でのやり取りは、ネットワークの参加者全体によって検証されます。ブロックチェーン上でのやり取りは、特定の誰かを信頼する必要がなく、トラストレスなやり取りであると言われています。 共通の台帳管理によってやり取りを記録していくブロックチェーンは、価値の移転、価値の記録、自立分散的なアプリケーションなどといった、複数の分野に応用され得ると、仮想通貨に限らず様々な応用法が検討されています。

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る