マイクロファイナンス

マイクロファイナンスは、発展途上国の貧しい人々に小口の金融サービスを提供する仕組みのことを指します。発展途上国では貧しい人たちには一般的な金融サービスへのアクセスがありません。マイクロファイナンスでは、そういった人々が零細経営を行うチャンスを創り出し、貧困層の自立を促します。マイクロファイナンスの例としては、マイクロクレジット(少額の融資)、マイクロセービング(少額の預金)、マイクロインシュアランス(少額の保険)といったものが挙げられます。マイクロファイナンスにおける融資は貸し倒れ率が特段高いというわけではないにも関わらず、一般的な融資に比べて金利が高い傾向にあります。これは、オペレーションや送金のコストによるものです。融資を受ける人の負担を少しでも減らすためにブロックチェーンの導入も検討されています。

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る