マイクロペイメント

マイクロペイメントとは、一円や十円といった少額の決済を行うためのシステムです。従来の決済システムでは、例えばネット上のコンテンツを利用するにはクレジットカードによる決済が一般的ですが、非常に少額な決済を行なう際には決済手数料が購入対価を上回り、決済手段として現実的ではないという問題がありました。月定額制などを用いるという方法もありますが、これは消費者の課金への心的障壁を高めます。 そのような課題の解決のためにマイクロペイメントは考案されました。マイクロペイメントを行う基本的な方針は「複数の少額決済をまとめて決済する」ことです。より詳細な例としては「予め一定量のポイントをクレジットカードで購入してもらい、少額の決済をポイントによって行うもの」「少額の決済を集積し、ある一定額が溜まったところでクレジットカードの決済に回す」「複数の少額決済をある一定期間でまとめ、クレジットカードの決済に回す」といった方法が存在します。 iTunesやゲームコンテンツの課金等に用いられているマイクロペイメントですが、今後はブロックチェーンによる決済との結びつきや、IoTと関連した従量課金など様々な分野における活用が期待されます。

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る