51%攻撃

51%攻撃とは、仮想通貨マイニングにおいて、大きな計算量を保持する悪意を持ったグループや個人によって引き起こされ得る、ブロックチェーンシステムのハッキングを意味します。不正にブロックのマイニングを行い、二重支払いなどといった悪意ある操作が行われる可能性があります。 ブロックチェーンのやり取り(トランザクション)は、マイニングを行うマイナーによってブロック上に記述され、ハッシュ化という操作と共に次のブロックへと継承されていきます。異なった情報をもとにマイニングが行われ、同時に二つのブロックが生成され、チェーンが分岐するといった現象が生じることがあります。その際には、ビットコインといったブロックチェーンでは、一番長く繋がった分岐を正規のチェーンとして認めるという取り決めが存在します。 たまたま、誤った情報を基に生成されたチェーンが再長鎖となってしまうことがあるのですが、大多数のマイナーが正しい情報に基づいてマイニングをしている限り、その状態は長くは続きません。そのような偶然も加味して、正確な取引を続けていくために、取引所ではその後に6つ以上のブロックが承認されるまで取引を確定しないという方法をとっています。 しかしながら、悪意を持った一つの組織や個人が莫大な計算量を保持し、マイナー全体の計算量に大きな影響を与える状態では、不正なブロックを正当なブロックよりも素早く生成していき、取引所などが設けている基準をクリアして、不正な取引を確定させてしまうという可能性があります。現状ビットコインなどの巨大なシステムでは、そのような計算量を保持するのは現実的ではないのですが、このような問題はブロックチェーンが計算量に基づく承認方法(参考:PoW)を取る限りついて回るものであり、様々な対応策が考案されています。

LINE@

LINE@で最新情報をチェック!!

Economies 2.0のLINE@を友達に追加して 最新情報を受け取りましょう

LINE@で最新情報を受け取る